飼育水槽.com

飼育水槽.com

飼育水槽.comは届いてすぐに楽しめるように飼育用品一式が付いている水槽セットの通販専門店です。管理に手間の掛からない自然の浄化システムを採用した飼育水槽を各種取り揃えています。特製のハロゲンランプが熱帯魚やメダカの美しさを引き出す、とても静かで美しい飼育水槽です。

届いてすぐ楽しめる飼育水槽

特別な照明で熱帯魚やメダカの美しさをいっそうお楽しみいただける飼育水槽です。もちろん美しく鑑賞できるだけの飼育水槽ではありません。老舗の養魚場によって120年の経験をもとに生み出された観賞魚にも優しい飼育水槽。お部屋の中で自然が目を覚ます、そんな飼育水槽を、熱帯魚やメダカ、水草と一緒に全国へお届けします。

熱帯魚たちと仲良くなるための飼育水槽です。

静かで美しい小型の水槽セット

メダカ鉢陶器水槽

飼育水槽の楽しみ方

飼育水槽をより楽しむためのポイントをご案内いたします。

水槽の素材について

飼育水槽はガラスやアクリルを素材に作られていて、それぞれに一長一短があります。

思わぬ失敗を避けるためには、飼育水槽の素材が持つ特徴を理解した上で選択するのが理想です。

ガラスの飼育水槽

ガラスの飼育水槽はとても透明度に優れるため、ビーシュリンプなど、小さな生き物の繊細な美しさを余すところなく楽しむことができます。

また、ガラスの飼育水槽は傷がつきにくいため、長きにわたってそのクリアさを保つことができます。加えて歪みも少ないため、写真の撮影にも向いています。

ただし、ガラスは重くて衝撃に弱く、割れると鋭利な破片が生じます。このため、腕力に自信のない方は、あまり大きなガラスの飼育水槽は避けた方が無難かもしれません。

アクリルの飼育水槽

アクリルの飼育水槽は衝撃に強くて割れにくいのが特長です。しかも驚くほど軽いため、水槽を掃除したりする場合でも扱いやすく、特に大型の飼育水槽において、アクリルのこの軽さと割れにくさは、安全性の面で極めて優れています。加工もしやすいため、特殊な形の飼育水槽も作りやすい素材と言えます。

ただしアクリルの飼育水槽はとても傷がつきやすく、新品であってさえ全くの無傷というのは難しいでしょう。しかも日常の生活においてもアクリルの飼育水槽には必ず傷が増えていきます。そしていったんついた傷を完全に元へ戻すのは困難です。

また、アクリルの飼育水槽は大きな水槽になるほど水を入れると圧力で歪みますし、写真を撮影しようとフラッシュを炊けば、細かい傷が反射して白くなってしまいます。

こうしたことからアクリルの飼育水槽は気軽に楽しむのに向き、観賞魚の撮影をしたり、細かい傷が気になる方には、あまり向かないかもしれません。

飼育水槽に見た目の美しさは必要?

観賞魚を飼育するだけなら、見た目よりも機能を重視するという考え方も理にかなっています。

ですが、美しくレイアウトされた飼育水槽は管理するほどにますます魅力的になっていき、管理も楽しくなり、お魚は美しさに磨きをかけて応えてくれます。

飼育水槽が調和して美しさを保ち続けるためには、光やエサや砂など、調和に必要なものがいくつもありますが、管理の意欲や情熱をわきおこしてくれるレイアウトも、実はとても大切な要素だと思うのです。

飼育水槽のレイアウト

飼育水槽のレイアウトにおいては、そこに暮らす生き物たちの習性も合わせるとよりいっそう魅力が増すでしょう。

たとえば良く泳ぐ観賞魚の場合には背の高い水草や流木、石などは左右の奥に配し、中央の遊泳スペースを多くすると、広々とした印象になります。

なわばりを持つ観賞魚なら、飼育水槽の中央に巣を見立てた流木や石を組むと、そこを中心に、辺りをパトロールする様子を楽しめます。

あるいはビーシュリンプのように、時には歩き、時には泳ぎ、時には登る、といった、空間を最大限に活用して生活する生き物ならば、飼育水槽の中をあえて複雑なレイアウトにすることで、思いがけない行動を見せてくれるかもしれません。

そして、このように隠れ場所が多く自然に近い飼育水槽は稚魚や卵も隠れやすく、エサとなる微生物も発生しやすいため、自然繁殖という楽しみも期待できるでしょう。